管理栄養士が目指せるお茶の水女子大学

管理栄養士が目指せる学校に、お茶の水女子大学もあります。

お茶の水女子大学は、大変アクセスのよい東京都文京区にある国公立の大学です。

ですから、私立に比べて学費が安い傾向にあります。

ただ、お茶の水女子大学は、大変偏差値の高い大学としても有名です。

ですから、お茶の水女子大学へ入学しようと考えたら、猛勉強する必要があるでしょう。

お茶の水女子大学で管理栄養士を目指そうと考えたら、生活科学部の食物栄養学科を選んでください。

お茶の水女子大学の食物栄養学科は卒業後、管理栄養士国家試験の受験資格がクリアできるだけでなく、栄養士の免許や食品衛生管理者、食品衛生監視員の資格も取得できます。

また、中学校、高等学校の家庭科の先生になることもできます。

そして、お茶の水女子大学は、大変歴史と実績のある大学です。

外部との連携も密に行われていて、各種講座も大変充実しています。

ですから、お茶の水女子大で管理栄養士を目指せば、視野が広がり、人間性豊かな社会人になることができるのではないでしょうか。

さらに、お茶の水女子大学には大学院が併設されています。

大学だけでは物足りなく、さらに研究を重ねたいと考える学生の希望も、お茶の水女子大学なら叶えることもできるでしょう。

このページの先頭へ