管理栄養士は国家資格

管理栄養士は、国家資格の1つです。

資格には、大きく分けて国家資格と民間資格があり、国家資格は国が認定している資格、民間資格はとある1団体が認定している資格になります。

そして、民間資格は持っていなくてもその職業に就ける傾向にありますが、国家資格は、その資格を持っていないと、その職業に就けない傾向にあります。

民間資格の1例としてネイリストを挙げますが、ネイリストはネイルの資格を持っていなくても就ける職業です。

しかし、医師や看護士、教師などは国家資格で、その資格を持っていないと、その職業に就けません。

ですから、国家資格を狙う方が多く、管理栄養士の資格も大変な注目を集めています。

この資格を持っていると、健康に良い献立を考えたり、指導できるようになります。

病院などでは、管理栄養士がメニューを考え、患者の方々に提供したりしています。

また、糖尿病といった生活習慣病の方々は、その病気に良いとされる食事を管理栄養士から指導を受けて摂るようにしています。

ですから、資格を取得すれば、栄養のスペシャリストとして活躍することができるでしょう。

ただ、管理栄養士は国家資格ですから、簡単には取得できません。

管理栄養士の資格を取得しようと考えたら、まずは、国家試験の受験条件を満たす必要があります。

このページの先頭へ